restaurant Ryu トップ

2017年01月31日

Ryuの陶芸の世界5

75B61571-3E8D-497D-BF71-C3C4C2DA84BD.jpg
931B40B2-4DDB-4A9A-AFE0-039AB4A9E5B7.jpg

実は僕の最も好きな焼き物は、三重ブランド!
伊賀焼!!!!!
自然美&迫力の有る姿は何時間も見てても飽きません!
伊賀焼の醍醐味はやっぱり、削りの豪快さや自然美!赤松からなる灰かぶり(緑色のビードロ)であり焦げや緋色など見所がたくさん!
しかし!谷本さんをはじめ伊賀焼の巨匠の文化を熟知し穴窯や登窯で赤松で焼かれた本物の伊賀焼の景色には及びません、いつ見てもウットリさせられますσ(^_^;)  何気なく地元三重ブランドだからと軽い考えで土には伊賀にこだわった僕ですが、それは間違いでは無く!偶然出会った奇跡で!自分で焼いてて気づいた伊賀土でしかできない高い可塑性、火の強さだからこそ!僕の西洋的な薄さ&軽さを表現でき色々な釉薬も違和感のない姿で焼き上がる素晴らしい土と深く思い知らせますσ(^_^;).  本物の伊賀焼を知る方には邪道に見える僕のガス窯で焼いた器ですが、将来的にはガス窯で、どれだけ穴窯に近づけるか?も追求していきたいと追求したいですし、この景色が凄く好きで好きでたまりませんσ(^_^;)  豪快な削りの中にポップに音符などを掘ってみたりも楽しい、これから深く精進していきたい分野ですo(^o^)o  本当は将来穴窯を作りたい野望もあります(笑)


posted by Ryu at 03:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月29日

Ryuの陶芸の世界4

56A7CFE9-5206-4B0C-B03A-2C20FBB4503A.jpg92CB9FED-3EC3-4710-8312-C016A9CD0E4C.jpg

最近の僕のお気に入りのカップは、
貫入透明釉にカラー釉のラインのポップな作品o(^o^)o
実は僕の陶芸の先生はネットσ(^_^;)
YouTubeで西洋の作家さんが
釉薬をスポイトで流して模様を付けてるのを見て、
技法を取り入れた作品です
実は貫入(表面のヒビ模様)は狙ったのではなく
偶然の作品σ(^_^;)
紅茶の渋が染み込み
深い色合いを出してくれましたσ(^_^;)
ピンクの方は土に化粧泥を薄く吹きかけて
淡い色合いを出した女性向けの作品ですo(^o^)o

posted by Ryu at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月27日

Ryuの陶芸の世界-3

E6488BD6-AF8A-4974-9891-3DFED25789A7.jpg2AB6CF2A-DFD8-4569-B48C-769FCC24C4EB.jpgC98E1EC0-7E50-424E-9678-69950A32B258.jpg87C9D2C6-688C-4D77-AB75-3CA9D2895DF5.jpg

亜鉛華結晶釉の火の当たり方、等の紹介
同じ色3つの写真ですが直接火の当たる部分は良く溶け亜鉛が下に流れています、反面は火の当たり方、温度が弱く溶けきらずマットな感じになってます、結晶の開く温度帯も火に当たってる方は針の様な結晶になってる事が伺えます、後はこの焼きの時は結晶の開く温度帯の時間が短かったのか結晶の大きさも小さいですσ(^_^;)
青の写真は、温度が高く下に釉薬の流れ落ちそうなポッチンは釉黙り又は露と呼び、落ちそうで落ちない面白い見所でもあります、これも高温で結晶は少ないですが、偶然できたピンホール(釉薬が弾いた白い点)が雪の様で僕の大好きな椀の一つですo(^o^)o

この辺で亜鉛華の簡単な、お話しは終わりたいと思いますσ(^_^;)


posted by Ryu at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月25日

Ryuの陶芸の世界-2

2E9DAB0E-93D2-4D04-920C-E9AFC6CA41B4.jpg49F0B6A1-46F6-4EB0-B1E1-8DB2FE3F6119.jpg

昨日紹介した、亜鉛華結晶釉、他の色も配合次第で違う色の輝きを放ちますo(^o^)o
その中でも青やグリーン、深い藍色を僕は好んで施釉してます、他にも黄色や白、黒基調まで色々あります。
釉薬の溶ける温度帯、結晶が華開く温度帯1100℃〜1140℃が華の景色を大きく左右しまして、溶ける温度が1℃2℃でも高ければ下に亜鉛が流れて下に結晶が集まる、低ければ華は開きにくくなります、華開く温度も約1100℃で丸い結晶に、1130℃以上になると雪の様な針状の結晶へ1100℃以下では華は開かず、温度保持時間も2時間後位に華が開き始め、時間を長く保てば大きな結晶になります、火の微妙な当たり方に左右される為、縦横の微妙な配置の違いで全く景色の違う器へと変貌します、そこも面白い!見所でもあります
次回はその温度や時間の違いを写真で紹介します
posted by Ryu at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月24日

Ryuの陶芸の世界

3B3D8FCA-62EC-4D98-8B0D-005511411052.jpgBEE90A67-79EF-4A67-A7CC-10C33AC299D7.jpgB970E351-8E92-435C-8059-EC62FFAB48D2.jpg

Ryuは、ここ2年位で食べに来て頂いた方々は、理解して頂いてると思いますが、食べ物屋さんでもあり+器も楽しんで頂くレストランでもあります!
僕の名刺には「料理人 兼 陶芸家」と記載させて頂いておりますσ(^_^;)  「陶芸ばかりしてないで料理しなさい!」と言われますが、料理をおろそかにする気は全く無く!毎日12時間以上本気で料理と向きあってますし、一般の方の休憩時間や仕事終わりの時間、休みの日を使い陶芸をし、僕は料理してるか陶芸してるか寝てるかの毎日で、料理と器の相乗効果を念頭に日々努めています!自分で陶芸をしなければ、京都の未在さんや、なかひがしさんで出された器の良さを感じ取る事もできませんできたし店主の器を通しての細かな心使いも気付かずにいたと思います、少しでも器に関して知って頂ければ見て頂いてる皆様も食が2倍楽しくなると思い、自慢の器を紹介していきたいと思います!

先ずは自慢のティーカップ!
亜鉛華結晶釉という結晶模様の出来を火に委ねる特殊な焼き物です、一度1232℃まで焼き1104℃に落とし3時間から5時間温度を維持すると亜鉛の結晶が華を開きます、理想は電気窯ですが、僕の窯はガスですので、火のあたり方や微妙な温度の差で隣どうしの器でも模様が違うとても面白く難しい釉薬です、写真はその中でも一番の景色のカップで、僕の一番お気に入りのカップですo(^o^)o  自然に出来た結晶模様は、人の作為が無く、自然な美しさがあります!結晶の開きぐあいや釉の流れ方など見て頂ければ凄く面白いと思いますo(^o^)o

次もお気に入りのカップご紹介します
posted by Ryu at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月20日

お口直し を考える

BF9A9886-AC87-4B11-9F53-00AE20A6808D.jpg

お口直しのシャーベット
お客様を「もてなす」という視点から
寒い冬にシャーベットってどうなの?
と疑問を持ち、温かいお飲み物を
Ryuの冬にはお出ししております
お客様に温まって頂く!今は
明和町産柚子と生姜のすりおろしたての
軽いレモネード仕立てをお出ししています
心も身体も温まる一品として

posted by Ryu at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月17日

松阪牛のパイ包み焼き

01B8401F-DBFF-44A1-BC56-C0864709544C.jpg7EB6E8C7-D72B-4CF5-8420-0E4FAA206F98.jpg

12月から2月末までの冬季限定
松阪牛のパイ包み焼きです!
パイ生地はサクッと!松阪牛はロゼ色に!
寝かし過ぎず温かく!
口に入れると閉じ込められていたフレーバー&肉汁が溢れ出しますo(^o^)o
posted by Ryu at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

遅くなりましたσ(^_^;) 今年もよろしくお願いします

遅くなりましたσ(^_^;) あけましておめでとうございますσ(^_^;
おかげさまで日々忙しく、パソコンへのダウンロードやパソコンに向かってる時間が無く投稿できませんでした、そして、手軽に携帯から動画もアップできるfacebookに移行しようかな?とも思いましたが、facebookをやられていない方も沢山居られると聞き困ってました、携帯から簡単に投稿できるアプリなど色々調べましたが、意外と無く、今回このサイトを携帯から投稿できる事を知り今日、投稿に至りましたσ(^_^;)
昔みたいに絵文字が使えない事で人それぞれ受け取り方の違いも生じ、困っていましたσ(^_^;)そして反論コメントも頂き実際はブログ投稿について凄く悩んでましたσ(^_^;)  このまま反論に対し凹んでいては、何もできない!強気に「気に入らなければ見なければイイ!!」と私自身が思う事が大切と気付きました!まだ100人以上の方がこのブログを楽しみに毎日見て頂いてて、申し訳ごない&感謝の気持ち、な現状に対し、ちょっと言われただけで凹んでしまって投稿できなくなってた自分が情けないです、今後このような事が無いようコメントは一切反映できないようにしましたσ(^_^;)   叩かれたり、炎上する事にビビらず!申し訳ございませんが、こちらから一方通行で?今年は携帯から?昔みたいに気軽に発信していきたいと思いますσ(^_^;)  年始早々不快な思いをさせてしまった方申し訳ございませんm(_ _)m 僕のブログを見ても気に入らない事で腹を立てるだけす…もう見ないで下さいm(_ _)m ですが、待って頂いてた方々!大変申し訳ございませんでしたm(_ _)m 今しか食べれない今だけの!極ウマ料理を告知もできず、食べて頂けてない現状が歯痒くて仕方ありません!今年から?新たに携帯から?器と料理を中心に発信していきたいと思いますσ(^_^;)

今年もじゃなく、新たに!これから!Ryuをよろしくお願いしますm(_ _)m
posted by Ryu at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記