restaurant Ryu トップ

2009年01月20日

ベキャス 前編

DSC01062.jpg ベキャス

念願のベキャス(山シギ)を賄いで食べましたexclamation×2 調理から食べるまで長いストーリーがあるので、数回に分け紹介しますわーい(嬉しい顔) ジビエの王様を調理&食べるのは初めてでワクワクしました揺れるハート 食通がうなる山シギがどれだけ旨いものなのか、検証です本 まず、毛を剥くのに山ウズラ、森鳩に比べ倍の時間がかかった事あせあせ(飛び散る汗) 産毛が多く脂が溶けてき毛がくっ付いてなかなかキレイにならないふらふら 写真を見てもらったら分かりますが、毛が完璧に取り切れてません(僕がヘタクソなだけですたらーっ(汗)) おまけに撃ち落とすのに難しい鳥だけあって近距離で撃たれたのか、散弾銃の跡がいっぱいがく〜(落胆した顔) でも生の香りを嗅ぐと、なんとも澄み切った爽やかな脂の香りハートたち(複数ハート) この時点で「この鳥は他と違うひらめき」と思いましたハートたち(複数ハート) 形を整えるのも他の鳥と違い足先を反対に向かせるのも扱ってみて理解した点でした眼鏡 焼きはじめはこの脂の気品に満ちた脂の香りが心地よく広がり、ローストではパサつきやすいのでル・クレーゼでブレゼしていると香りが変化がひらめき 森の湿気た空気&海藻の香り&木の皮、控え目で高貴な獣臭グッド(上向き矢印) 凄く清楚でエロスな感じを受け興奮しました揺れるハート 調理過程から別格でしたるんるん 


つづく・・・


posted by Ryu at 20:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
俺も食べた事ないんだな〜
食材にエロスを感じるなんて・・
なんてマニアックなんだ^^

グルメジャーナル、デビューおめでとう!!
Posted by てっぺー at 2009年01月21日 00:05
てっぺーへ
良いぞぉ〜ベキャス!(^^)!
でも、心してかからないといけないデリケートな食材です(^_^;)
グルメジャーナルは2001年の1月号が、Ryuのデビューですよ(*^。^*)
Posted by Ryu at 2009年01月22日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック