restaurant Ryu トップ

2009年09月11日

何も変わらない

DSC03621.jpg ナパ ヴァレーのワイン

この8月は僕にとって、大きく刺激を受け、評価され、批判され、多くの出会いがありましたハートたち(複数ハート) 凄くレベルアップした怒涛の8月でしたあせあせ(飛び散る汗) ←知識だけわーい(嬉しい顔) ロブションみたいに完成度の高い料理、最高のサービスなどRyuでは絶対できない事ですし、自分の思い描く最高の料理を提供できない現実バッド(下向き矢印) 思い描くだけで憧れで終わってしまったら何も変わらないexclamation×2 弟が東京へ音楽をしに上京し、8月の末にCDを発売しましたるんるん その曲の中に「理想は現実に変えられる」と言う歌詞があります、この言葉凄く大好きで、自分自身を前向きに示せばいつの日にか報われる、と言う感じです、僕は正直超B型の個性(癖)の塊ですが、それを押し殺しながら3年間頑張ってきましたたらーっ(汗) 万人に合わせてばっかじゃ何も変わらないんですよね失恋 自分で店をした以上、自分の店だけのオリジナリティを、もっともっと出していかないと手(グー) レザンファンギャテへ行って痛感しました、オリジナリティの大切さをexclamation×2 まずは、ワインバー 恥ずかしながら僕ブルゴーニュのワインが分かりませんあせあせ(飛び散る汗) ピノが合わないのかなexclamation&question ボルドーも好きなのですが、派手な果実味の凝縮感、新世界カリフォルニア、オーストラリアが個人的に大好きです、でもフレンチ形式の店なだけに、フランスワインを置かないと苦情が・・・ 実際お客さんに「新世界は新世界、やっぱフランスが美味しい」と言われた事が多々ありましたもうやだ〜(悲しい顔)、ビビってフランスを多く取り入れました、その結果が何にも個性の無い万人ウケ狙いの品揃えバッド(下向き矢印) ムジカの紅茶みたいに、コーヒーが好きな人でも押し切って美味しさを伝えなきゃダメですねふらふら と言う事で、フランスワインは在庫が無くなり次第終りexclamation×2 これからはカリフォルニアで攻めます手(グー) 自分が素直に好きなナパ中心に頑張っていきます手(パー)
posted by Ryu at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
私はフランスワインは多分、いいお値段の美味しいものをいただいてないからだと思いますが、あまり美味しいと思ったことがないのです。
安い物でもオーストラリアとかチリ、アルゼンチンの赤ワインが好きです。いいじゃないですか。新世界!期待しています。
Posted by 陶子 at 2009年09月12日 08:53
陶子 さん おはようございます
少ない確率ですが、良いフランスワインに出会った時は、この上ない感動するのですが、そのクラスのワインは高いし(T_T) 店で出せるのはせいぜい高くても¥5000以下のワイン(>_<) カリフォルニアは良いですよ! 安くて旨い! 陶子さんも1度カリフォルニアに凝ってみてください
Posted by Ryu at 2009年09月12日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック