restaurant Ryu トップ

2010年09月21日

運命の皿

DSC06704.jpg

松阪牛のパイ包み焼き、これをやり始め、人生が変わった気がするexclamation&question 昨年の年末に運命の出会いがあり、渡会の猟師さんが来店された事から始まった、その猟師さんが僕を気に入ってくれて、地元の猪、鹿を持って来てくれるようになる、が、昨年の暖冬でジビエに脂が乗っていないふらふら 正直、それまで蝦夷鹿を使っていたし、猟師さん皆で取り分けされるので、欲しいロースも少し、どこの部位か分からない・・・ 悩みまして、とりあえず熟成、それでも僕の知っている美味しい鹿には??? 2月に入り、その猟師さんが家族を連れて10人位で食べに来てくれました、この時にFFCCのイベントで佐藤さん担当のメイン、優勝作品のアレンジ番、ホロホロ鳥のピティヴィエ(パイ包み)が、感動の旨さだった、それを鹿で作ってみた、そしたらビックリする位美味しかった、完成度は低いが、この旨さに惚れてしまった、上柿元ムッシュのスペシャリテ、ショーソンでアレンジしてみた、中身をランブロワジーの鴨のパイ包みを応用してみた、そしてテリーヌの本で中村ムッシュの王様風に刺激を受けた、そして松阪牛で作ってみた、最初は完成度が低かったが、自信を持ってお出し出来るようになってきた、そして、このパイ包みがTVの取材のキッカケになった、このパイ包みを食べに大阪からも来てくれるようになり、連休は東京から、今日は神奈川からも、僕の人生を変えた1皿グッド(上向き矢印) けど手間がかかる子ですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by Ryu at 20:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
松阪牛のパイ包み焼き
美味しそう 最高の味を楽しめますね、
Posted by ryuji_s1 at 2010年09月27日 08:50
ryuji_s1 さん こんばんわです
パイ包み古臭い料理ですが
味もへヴーですが
いつか食べに来てくださいネ
Posted by Ryu at 2010年09月27日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック