restaurant Ryu トップ

2011年04月07日

tiède

DSC08230.jpg ターメリック風味のブイヨンのジュレ

最近のオードブル、温かい料理の直前盛り付け工程、7工程・・・ よく考えりゃ一人じゃ無理ですよねあせあせ(飛び散る汗) 温かい物は温かく!基本ですよね、でも追われて雑になって盛り付けに時間がかかっていては、マイナスだと悩んでましたバッド(下向き矢印) 少しフランスの風を感じるようになってきたオードブルでしたが、何か見えそうで見えなかった、あと一息のオードブルに少しだけ明るい兆しが見えましたひらめき 変に 温かい=美味しい と思い込み過ぎたようです、じゃ冷製?何かが違う・・・ フランス語で「tiède」凄く聞こえは悪いですが直訳で、「生ぬるい」と言う温度帯の料理が多々あります爆弾 決して日本で一般的に向かない料理と思っていましたが、よく考えれば会席料理とか実は多いでしょ? フランスではポピュラーな温度帯の料理! 僕は温かくて美味しい料理しか知らなかった爆弾 実際古川さんとお話をすれば山ほど常温の美味しい料理は出てくるじゃないですか!照苑の大将の八寸も参考になる! しばらくオードブルは、このtièdeの美味しさを追求していきたいと思います手(グー) 写真は常温でも溶けないジュレ(ゼリー)でするんるん

「今回のフランスで、このtièdeの美味しい料理いっぱい食べてたやん」と自分にツッコんでしまいますがく〜(落胆した顔) 
posted by Ryu at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック