restaurant Ryu トップ

2012年04月21日

ダタじゃない!!

新玉ねぎ.jpg

写真は明和町産といっても、裏の畑の方に作ってもらってる新玉ねぎですexclamation×2当然安くで手に入ります!でも!超新鮮です!!そして掃除が面倒です!でも手間をかけて安いからこそ惜しみなく新玉ねぎを大量に使えるからスープが美味しいんですグッド(上向き矢印) 筍も「タダやん」と言われる事がありますが、決してタダじゃない!! 親戚にちゃんと掘っただけ支払いますし、気も使います、そして掘りに行って帰ってくるまで約1時間、山を登って掘るのもかなりの労力です!帰ってすぐに状態を見ながら1時間前後アク抜きをし、米糠を必死で漉し、一晩旨味を染み込ませ、松阪牛から抽出したオイルで30分近くかけて香ばしくトウモロコシのような甘く香ばしい香りを筍の芯から引き出す!ワラビも急斜面の丘での労力は大変です!僕の最近の考え!都会では味わえない、ここでしか味わえない美味しさを!と考えています、絶対に必要な玉ねぎや人参以外の野菜を、季節外れで、この地に今絶対無いスーパーのパプリカやズッキーニ、バジルなど絶対使いません! 悪くなった食材で値引きした物では無く、身の周りの最高の状態の物を!タダ&安さには、流通の中の人件費を削除した普通以上の労力があります! 昔「お金では買えない価値がある」というクレジットのCMがありましたよね!? ここを今追求しています手(グー)
posted by Ryu at 21:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
シェフは、料理哲学とか、信念みたいなものがしっかりしているから、自分は、レストランリュウやシェフに心惹かれるんだと思います。斉須さんや、河田さんをダブらせてます。これからも、思う存分自分リュウに突き進んでください!
Posted by s at 2012年04月22日 00:09
筍掘りにいく方が、筍を買うよりどれだけ大変か。
ご馳走って言葉があるように、主人自らあちこち馳せて、走って、やっと食材を料理に変える。
これ以上の贅沢はきっとないでしょう。
僕が一番やりたい事なんですが、なかなか出来る物じゃ無いですよね。
Posted by たけ at 2012年04月22日 08:10
Sさんへ
まだ僕のコンセプト固まってきたばかりで、迷いも多々あります・・・ 偉大な先人達は、もっとしっかりコンセプトを持ってはるので、近づけれるよう、これから頑張ります! もう一つのコンペプト人を使わず一人でどこまでできるか?への挑戦は堀越シェフと会って大きく刺激を受けれると思いますので楽しみです

しのはら 君へ
そう!そう!未在で1番感じたのは、御馳走!! この日から御馳走について徹底的に調べ、考え、悩み、僕は変わりました! 馳せ走りお客さんを迎える精神! もっともっと追究していきます!
Posted by Ryu at 2012年04月22日 14:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック