restaurant Ryu トップ

2013年06月01日

剛254号

剛254.jpg

会心の茶碗が焼き上がりました!254作品目!剛二百五十四!大きさバランス茶碗としての機能!現段階で申し分なし!Ryuのお客さん京都の美術にしさかの代表、西阪さんの指導の下出来た作品です!以前までの剛シリーズ細かく釉薬を掛けていた所を大きく大胆に作為を無にして流しました、教えて頂いた野々村仁清さんの片男波という茶碗の作風をヒントに逆さに天目釉を流しました、形状も僕は楽茶碗が好きで土に身を任せた手捏ねで大きく形どり出来る限り無駄を削ぎ落し軽く仕上げ側面は大きく大胆に削って躍動感を与えました、伊賀の白土の土見せだけでは白過ぎてのぺぇってしてますので、依然油滴天目で失敗した剥がれ落ちた釉薬後の自然美を出そうと鉄釉を一度施釉し土に鉄分を吸わせ洗い落とし乾燥させたモノ!口元の揺れも良い感じ!他の3つも美しい景色でしたが薄く削り過ぎて水漏れしてしまい失敗・・・ 他の三つは盗まれても良いよう外の玄関口に飾りましたあせあせ(飛び散る汗) 
posted by Ryu at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック