restaurant Ryu トップ

2010年05月05日

ゴールデンウィーク修了

DSC05756.jpg

昨年は高速料金の関係でゴールデンウィークは、さほど忙しくなかったので、この1年間 松阪牛と地産地消が売りのレストランとして頑張ってきました手(グー) そのかいあって今年は連日忙しくて本当に良かったですぴかぴか(新しい) これがゴールデンウィーク明けって言うのは、凄く暇になるので、ゴールデンウィーク中に稼いでおかないと、店を維持できないので必死で頑張りました手(グー) 

exclamation×2 1番気がかりなのが5/2のディナーの撃沈営業ふらふら ガストロノミーを期待して来てくれたお客さん2組のメニューを間違える悲惨な事件と、料理を作って運んで、説明して、レジして、必死必死で料理は良くても、まともなサービスもできなかった悔しさが未だに夢に見ますもうやだ〜(悲しい顔) 写真を見てもらったらわかるように予約で満席じゃなく、「今から」と言う電話が多く対応しきれなかった僕のミスですもうやだ〜(悲しい顔) 料理を作ると言う段取りはできますが、スタッフを指揮する、教育する、予約時間をコントロールする、何よりお客さんを”もてなす”と言うオーナーとしての仕事のできない自分の未熟さを痛感させられた1週間でしたふらふら ここで挫けてはダメexclamation×2 欠点をもっともっと良くしていって改善していきたいです手(グー)
posted by Ryu at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月04日

明日の昼まで!

DSC05661.jpg 自慢のコペンハーゲン コレクション

ゴールデンウィーク、予約は少なめながら、当日予約のラッシュでてんてこ舞いの毎日でしたふらふら 明日のランチを乗り切ればexclamation×2 頑張ります手(パー)
posted by Ryu at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月03日

DSC05748.jpg 伊勢緑鮑

写真は、最近売り出し中の伊勢緑鮑ですひらめき 殻が緑でしょexclamation&question これは餌の天然ワカメでこのような色になるらしく、磯臭すぎず、海藻の心地良い香りと柔らかさが当然美味しい素晴らしい鮑ですぴかぴか(新しい) そして何より、水槽とかのストレスの無い、その日の捕れたても魅力ですハートたち(複数ハート)、この三日間、松阪牛とガストロノミーが多く在庫も際どい感じですふらふら 自慢の熟成鯛も残りわずかで最後の水曜日に営業できるか不安です失恋 まだ仕込みがありますので戻ります手(パー)
posted by Ryu at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ゴールデンウィーク

DSC05738.jpg 切り出し

ゴールデンウィーク 激ヤバな日が1日はあるとふんでいましたが、それが今日爆弾 予約の時点では余裕だったのですが、昼、夜大爆発で てんてこ舞いがく〜(落胆した顔) しかもディナーはガストロノミーと松阪牛の超ラッシュで気合いを入れて臨んだ物の・・・・  オーブンの中の食材を気にしながら、料理説明、レジ、必死の状態でしたが、慌ただしく、満足なサービスが出来なかった事が悔やまれますふらふら 1番ひどかったのは、各お客さんごとに1つ1つメニューの違う、ガストロノミーコースの内容を詳しく書いたメニュー表を間違えた事ふらふら 書いてある内容と違う料理を出していた事を、かたづけの時にお客さんの置いていったメニューを見て遅遅気付いてしまった事が1番悔やまれますふらふら 料理の質的には最高の物を出せたつもりですが、僕のチェックミス、全体を指揮する能力の無さに、ただただ悔やまれますもうやだ〜(悲しい顔) 今日の悔しさをバネに反省点を踏まえ明日も頑張っていきます手(グー)
posted by Ryu at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月01日

たけのこ

DSC05613.jpg たけのこ

おおおおおおお〜〜〜〜〜〜筍がフィーバーしていますグッド(上向き矢印) こまめに採ってたはずが、見落としていたのか、こんなとこにも、あんなとこにも目 凄い勢いで立派に立っている筍、僕より大きくなった筍、そして僕が掘るのは、その中でも地中から少ししか顔の出していない筍ハートたち(複数ハート) こんなけ生えていると小さいのを見つけるのに逆に苦労しますふらふら その筍を普通市場に出回るのは次の日で、切ってから時間がたっているので、固くアクが回っている物なんですが、自分で掘って、すぐに丁寧に下処理をするから、柔らかく、美味しいぴかぴか(新しい) しかしexclamation×2 さすがゴールデンウィークexclamation×2 調理しても調理しても無くなっていくがく〜(落胆した顔) いっぱい採って下処理をしていたはずが、明日にも採りに行かないと無い状態あせあせ(飛び散る汗) 山も店もそして旨さもフィーバーで観光で来ていたお客さんが、明日も筍を食べておきたいと連日の予約まで入れてくれましたハートたち(複数ハート) 明日も頑張ります手(グー)
posted by Ryu at 22:18 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月30日

伊勢緑鮑

DSC05721.jpg 鮑

写真は松阪のニューブランド伊勢緑鮑ですぴかぴか(新しい) 何度も挑戦しましたが僕の鮑の調理法は新鮮じゃないと向いてないようで、僕の店には水槽が無いのもあって、鮑の取り扱いは断念していましたバッド(下向き矢印) それがexclamation×2 素敵な出会いがありまして、当店から目と鼻の先、車で5分もかからない松阪のアクアファームさんが話題の鮑を生産していますぴかぴか(新しい) 志摩て捕れた稚鮑を松阪で養殖に成功した今話題の鮑で、餌は天然ワカメと言う事だし、品質管理もバッチリグッド(上向き矢印) 欠点はトコブシより2回りぐらい大きい小さい所ですが、僕は煮込みませんし、魚料理で鯛と掛け合わすので問題なく、むしろこの位の大きさで1人1ケでちょうど良い感じですぴかぴか(新しい) 僕の調理法はスーパー低温ヴァプール(蒸し)で、フランスの有名シェフがよく言う「素材にストレスなく」を念頭に活きている鮑が気付かないうちに、ゆっくり火が入り、ストレスなく、身の縮みも無く、旨味もいっさい逃がさず、でも柔らかいし、鮑特有の最高の香りも良いハートたち(複数ハート) 肝も新鮮だし小さいので女性の1口サイズで素晴らしいアクセントになるぴかぴか(新しい) 僕的に自信作になりましたぴかぴか(新しい) 
posted by Ryu at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月29日

Baeckeoffe.

DSC05727.jpg ベッコフ

こちら今日のガストロノミーコースで、「豚と野菜の料理」のご希望と言う事で、「んんん〜原価の安めの豚と野菜で8千円以上の価値のある料理とは・・・ しかも、ヘルシー、しかも旨い料理とは?????」と昨日1日考えていまして、メインでガルグイユっも考えましたが物足りないですしねたらーっ(汗) 思いついたのが、フランス アルザスの伝統料理”ベッコフ”を用いてお客さんの好みのココット焼きで お出ししましたぴかぴか(新しい) ベッコフ型は無けれど、アルザスの誇るスペシャル鍋ストウブで対応しましたグッド(上向き矢印) 中は三元豚のローストとコンフィ、明和町産 新じゃが、新たまねぎ、春キャベツで春を意識し、ソースも菜花マスタードソースで楽しんでもらいましたぴかぴか(新しい) ガストロノミーコースで、「凄く良いなぁ」って料理が たくさん登場していまするんるん 僕自身も凄く発見の多い事で楽しいハートたち(複数ハート) このベッコフも店では初めてでしたが「凄く良いやんハートたち(複数ハート)」と新しい料理が増えましたぴかぴか(新しい) 伊勢海老、鮑、鹿パイ、松牛パイ、ベキャス・・・どれも素晴らしいあせあせ(飛び散る汗) このガストロノミーコースを導入して、この半年で僕は大きく成長させていただいておりますぴかぴか(新しい) 皆様のおかげです ありがとうございますぴかぴか(新しい)
posted by Ryu at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月27日

riz

DSC05672.jpg 梅干しに見立てたドライトマト

明和町産プチトマトのドライトマトを仕込んだら、梅干しになっちゃいましたわーい(嬉しい顔)

昨日のディナー満席に比べ、今日は1組もうやだ〜(悲しい顔) 何気なく ふとトリュフリゾットがもしRyuに無かったらフレンチでご飯物って何だろうと考えてみると、美味しそうな物がたくさん浮かんできましたかわいい 面白いので思いついたまま書いてみたいと思いますわーい(嬉しい顔)

トリュフ スクランブルエッグの天津飯
モンサンミッシェル風オムレツ de オムライス
牛テールスープ de 茶漬け
フォワグラと大根のキャラメリゼ丼
エスカルゴバターライス
ミネストローネdeサラサラ茶漬け
ガルビュール茶漬け
伊勢海老スープのおじや
サーモンのコンフィにキノコのバターライス
ムール貝のマニエール餡かけごはん
シャペルのスペシャリテ、牡蠣とポワローの軽いラグーおじや
コック オウ ヴァンおにぎり
鉄火テリーヌ
伝説のテンボス賄い スープ ド ポワソン 茶漬け
ブイヤベースおじや
スモークサーモンde マス寿司タルト仕立て
ポトフ茶漬け
仔羊のラグーカレーライス
鶏のポッシェ、ショーフロワ風ドリア
ラクレットで和える白飯
鳩握り
ウサギのシヴェ飯
ウナギの蒲焼テリーヌ
白いんげんの変わりに飯でカスレ
チマキ ヴェッシー
ブルギニオン牛丼

遊びで考えていたわりに、どれも日経メニューグランプリチックで どれも旨そうハートたち(複数ハート) 月替わりでしようかなわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by Ryu at 19:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月26日

l'agneau

DSC05718.jpg 仔羊3変化

こちら、新しい季節メニュー仔羊の3変化でございますぴかぴか(新しい) 1つの仔羊が3つの味で楽しめる仕掛けで1つ1つの部位に応じて、その部位の僕なりの1番美味しい調理法で1つ1つ違う焼き加減でまとめましたぴかぴか(新しい) まずは赤い肉exclamation×2 ここはフランス語でノワゼットと申しましてとっても高級な柔らかい部分グッド(上向き矢印) ここはシンプルにロゼ色に仕上げ仔羊本来の最上の美味しさを楽しんでもらいますグッド(上向き矢印) 塩はフランス最高のゲランドのフルール・ド・セルグッド(上向き矢印) 次に手前の黒いキャビアのような物が乗っている部分、こちらはノワゼットにかぶっている部分をコンフィ状にし濃縮ぶどうマスタードシードを塗ったものひらめき 甘味と酸味が美味しい部分グッド(上向き矢印) 最後骨付きの部分はロゼに仕上げてもクニャクニャしてイマイチなのでしっかり焼き過ぎ位までローストした物で、先週のブログに登場したグリーンカレーにディジョンマスタードとハチミツで作ったピューレをまぶし、自家菜園のレモンタイムで作った細かな緑パン粉をまぶした物グッド(上向き矢印) これはストレートに旨いはずexclamation×2 ソースはこの仔羊の骨で作ったジュグッド(上向き矢印) マニア向けの自信作です手(グー) 因みに仔羊がメインのフルコースは、¥5000exclamation×2 ランチもコースプラス¥700で食べれますぴかぴか(新しい)

12人前週末に入荷したはずなのですが、人気で今日で売り切れてしまいましたあせあせ(飛び散る汗) 次回納品日は今週土曜日です手(パー)
posted by Ryu at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月25日

royal copen hagen

DSC05647.jpg エレメンツ

新入荷のロイヤルコペンハーゲン 新シリーズ エレメンツ ですハートたち(複数ハート) しかも僕のメインは27センチ以上の大きな皿が多いのですが、今回は21センチと小さめグッド(上向き矢印) 最近フランスで流行りのメインと付け合わせを別々の皿で出す感じで使用していまして、昨日のパイの写真でも分かりますようにメイン料理とソースだけの飾り気無しで、シンプルですが洗練さを求められる皿ですグッド(上向き矢印) 僕の好きなランブロワジーもこのサイズの皿を多様化していまして、ごまかしの利かないこの小さな盛り付けのスペースにどれだけ情熱を盛り込めるかが、このお皿の難しい課題ですあせあせ(飛び散る汗)


エレメンツの説明文を以下に写しておきます

「ELEMENTS(エレメンツ)」シリーズは、ロイヤル・コペンハーゲンの新しいテーブルウェアとして、伝統あるパターンや磁器のデザインを受け継ぎ、華やかに誕生しました。
2008年デンマークのプロダクトデザイナー「ルイーズ キャンベル」とコラボレートしたシリーズです。過去の伝統と未来のデザインが融合した斬新なデザインが目を惹きます。ロイヤル・コペンハーゲンの至宝ともいえるデザインの数々から傑出したディテールが用いられており、フローラダニカシリーズの縁に見られる模様や、最もクラシックかつ有名なフルーテッドシリーズのレース模様などがデザインされているものもあります。

「ルイーズ キャンベル」は、革新的なデザインでデンマークデザイン界をリードするデザイナーの一人。コンテンポラリー・デザインを代表するクリエーターの一人として、多くのブランドの家具やプロダクト、デンマーク省庁のデザインを手掛け、近年ロイヤル・コペンハーゲンのテーブルウェアをデザインしています。
posted by Ryu at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月24日

Royal en crute

DSC05702.jpg 自慢のパイ包み

久々に料理写真を手(パー) 今日のガストロノミーコースで知人が来てくれたので写真を撮ってもらいましたハートたち(複数ハート) これが僕の今のテーマの最高傑作!地産地消とフランスの融合、松阪牛とフランス ランド産のフォワグラの王様風パイ包み焼きexclamation×2 ウナギのタレのように継ぎ足し×2で作ってる秘伝のジュをかなり煮詰めクリームでコクを加えたソースも自信作ですぴかぴか(新しい) 

DSC05691.jpg

今日は特別断面図もハートたち(複数ハート) まだパコー氏のように目は詰まってはいませんが美しい大理石模様と今にもトロンっと落ちそうなフォワグラるんるん ぜひ皆様もかわいい

*今回は鶏も入れてほしいという事で、下の白い部分は奥伊勢七保鶏も入ってます

posted by Ryu at 22:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月23日

la michette

DSC05689.jpg バゲット

今日のディナーに、久居の最強のパン屋さんミシェットさん御一行様が来てくれましたぴかぴか(新しい) 久居のぎゅーとらの中にありながら、そこはフランスひらめき 熱いフランス人フィリップさんのパンが食べれるお店でするんるん しかし本物を知っているフランス人に提供するには、かなり神経を使いますあせあせ(飛び散る汗) 正直自信がございませんふらふら その中でも写真のお土産でもらったバゲットexclamation×2 これを口にすれば、自分のパンのレベルの低さに抵抗を感じているからですバッド(下向き矢印) このバゲットは口にするとフランスが見えるんですハートたち(複数ハート) フランスの空港で噛みしめた高い音で耳鳴りする「ギッギッ」と言う音グッド(上向き矢印) 日本みたいに温めてごまかさずに、常温のままで本気で旨いグッド(上向き矢印) 大きくいびつなアート的な気泡グッド(上向き矢印) しっとり旨味がじんわりつたわる感覚グッド(上向き矢印) 食べる度にフランス人と日本人の壁を痛感させられますたらーっ(汗) そんな中でも、「c'est tres tres bon」と笑顔で楽しく食べてくれてましたので、ホッとしていますダッシュ(走り出すさま) 元気をもらいましたので明日も頑張ります手(グー)
posted by Ryu at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月22日

Gentille

DSC05617.jpgDSC05622.jpgDSC05627.jpg

昨日は、スタッフ3か月続いたので歓迎会を伊勢のジャンティーユさんに行きましたぴかぴか(新しい) 予約時に「シェフおかませで」と頼んでおいたらひらめき ディナーの高額コースの内容の物や特別メインなどを出してくれましたるんるん まずは写真の緑のオードブルハートたち(複数ハート) うすい豆の見事な角の立ったムースexclamation×2 素晴らしいぴかぴか(新しい) しかも若いスタッフが考案した物をシェフの手でこの洗練されたスタイルまで持っていったってとこが凄いexclamation×2 スタッフの子もやる気があって素晴らしいぴかぴか(新しい) 次にディナー高額コース用のラビオリハートたち(複数ハート) んんっこのカネロニスタイルひらめき 前衛的なフランスの流行りじゃないですか!凄いぴかぴか(新しい) そして写真の魚exclamation×2 これも夜の高額用、角の立った四角い魚料理exclamation×2 さすが、フランスの三ツ星ルドワイヤンexclamation×2 東京のある三ツ星レストランのパッサパサの鯛の、このスタイルより、しっとりで完成度の高い、まさに3つ星級の料理ぴかぴか(新しい) またフヌイユとオレンジ、アサリの香りが見事な凄い料理でしたるんるん メインは僕の為に特別に作ってくれたのか、牛テールとホホ肉のクレピネット包みハートたち(複数ハート) ゼラチン質と柔らかさに、ツクシ、筍、ワラビと春の味覚がいっぱいの最高のメインでしたるんるん デザートも僕の大好きなエスプーマハートたち(複数ハート) 今回は苺グッド(上向き矢印) これまた仕事量アップした素晴らしいデザートでしたぴかぴか(新しい) 凄いっす井上シェフかわいい ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

ちなみに今回のメニューは「前々からの予約で頼んでおかないと食べれませんし、Ryuのブログを見たと言ってもらわないと出来ない」と言われましたので予約してくださいね手(パー) いきなり行っても、すぐ出来るような仕事量じゃないし今の季節物なので確認を手(パー) 
posted by Ryu at 21:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月20日

グリーンカレー

DSC05616.jpg 秘蔵のグリーンカレー

フフフフフフフっひらめき 自信作うずらの次は、このグリーンカレーを使った料理で勝負exclamation×2 僕自身アジアンテイストが大好きですハートたち(複数ハート) 本当はフランスに行きたかった新婚旅行も資金の問題がありましたがバリに出かけるほど好きですぴかぴか(新しい) 好きな食べ物=カレーexclamation×2 1番よく行く店=COCO壱、朝飯=カレーって言うほどですあせあせ(飛び散る汗) その中でもグリーンカレーってコリアンダー、こぶみかん、レモングラスなどの青臭い香りとスパイスの香りのフレーバーが最高の世界に誇る、最強の香りハートたち(複数ハート) 特に羊の脂の香りとの融合はとてつもないですハートたち(複数ハート) これをフランス料理にしますexclamation×2 奇をてらった訳じゃございませんexclamation×2 仔羊に失礼の無い、自分の知っている最高の仔羊料理と考えての事ですグッド(上向き矢印) 偉大なパコー氏のスペシャリテにもカレー風味があるし、偉大な師匠上柿元ムッシュも好きでフレンチに取り入れてましたぴかぴか(新しい) だから心配しないでくださいね手(パー)
posted by Ryu at 21:06 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月19日

コンクール

DSC05553.jpg 

さて、今年はコンクールイヤー、エスコフィエとテタンジェに挑戦予定あせあせ(飛び散る汗) FFCCもありますが過去の優勝者=厨房審査員と言う事で出れませんあせあせ(飛び散る汗) コンクールに落ちていても笑わないでくださいねふらふら プロの実力あるシェフが1次審査で大抵20人に1人位しか残れない超難関な事なので・・・ ←初めっから良い訳あせあせ(飛び散る汗) コンクールは出る事に意義があり、その人のスキルを大きくアップさせてくれる物と考えてますグッド(上向き矢印) 僕自身コンクールで落ちても、決勝に残っても出場する度に大きく成長している事を毎回実感していますグッド(上向き矢印) 昨年同様今年も熱い夏に出来るよう頑張ります手(パー)

写真は試作段階、メインは決めているので銀盆に盛りつけた時のイメージを創造中・・・・ 
posted by Ryu at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月18日

sauce

DSC05591.jpg 自慢のソース

新開発の魚のソースひらめき イタドリのソースexclamation×2 正直 田舎なら その辺にどこでも生えていますあせあせ(飛び散る汗) が!しかしexclamation×2 このどこでも採れるイタドリをフレンチのソースにするのが驚きに変わり、Ryuでしか味わえない特別なソースに生まれ変わりますぴかぴか(新しい) 普通酸味のきいたソースは鮮やかな緑色を濁らすため、緑色のソースには使い辛い物バッド(下向き矢印) でも、このイタドリは独自に酸味を持っていて、この綺麗なエメラルドグリーンなのに自分の酸味だから色が飛ばない優れ物ぴかぴか(新しい) 心地良い青臭さも魅力で、「あのイタドリがこんなに変わるなんて」とお客さんに大絶賛ハートたち(複数ハート) これの開発は難しかったですあせあせ(飛び散る汗) 企業秘密ですが、今フランスの三ツ星で流行りの ある物を入れて作るとこのようにスライムのように盛り上がり流れないけど、みずみずしく絡みの良い滑らかなソースになりますハートたち(複数ハート) 石の皿とこの色鮮やかなソースにフランスの最先端の味を感じてもらえれば と思っておりますグッド(上向き矢印)
posted by Ryu at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月17日

奥伊勢フォレストピア

DSC05571.jpgDSC05577.jpg オードブル、メイン

休日は奥伊勢フォレストピアに行ってきましたるんるん サービスの方が何度か店に食べに来てくれていて、やっとの事で行けましたるんるん アポ無しで行ってしまったせいで、その方は休みで居られませんでしたが、楽しく食事をさせていただきましたグッド(上向き矢印) 前菜も、宮川のアマゴのスモーク、ホタテ、ホタルイカ、牡蠣と盛り沢山ぴかぴか(新しい) ソースにランティーユ(レンズ豆)まで入っていて お得感があり美味しかったですかわいい メインは写真の鴨のコンフィと牛ステーキ、魚料理の2種を選択、写真は肉料理の方でステーキは間違いなく旨いし、コンフィのカリッとした皮も良かったですぴかぴか(新しい) サービスの方が居られなくても「Ryuのシェフですよね?」とバレていて、娘も連れて行ったので粗相があったと思いますがすみませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

清流宮川の上流ともあり、凄くきれいな景色と川で、バーベキュースペースもあったので、またぜひ夏にお邪魔しに行きます手(パー)
posted by Ryu at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月16日

中谷タケシ展

DSC05596.jpg 中谷さんの絵画

昨日は日が変わってしまい、ブログを更新できなくて すみませんでしたふらふら 実はホームページのディナーコースのリニューアルをしていまして気付いたら夜中の2時がく〜(落胆した顔) そしてできあがったのがこれ

http://www.restaurant-ryu.com/dinner.html

凄く使い勝手が悪く、分かりにくい内容になってますが、「良い物を食べて頂きたい!」の強い思いで考えました、宜しくお願いします

水曜日は、僕の大好きな絵を描かれる、伊勢の中谷タケシさんの松阪展覧会を見てきましたぴかぴか(新しい) 伊勢のカンパーニュさんで、その絵画を見て一目惚れハートたち(複数ハート) 「店にぜひ飾りたい!」と買いたいのですが、まだまだそこまで余裕が無く、見送り状態もうやだ〜(悲しい顔) 写真は絵ハガキで、寿司exclamation×2 リアルで絵から伝わる物を感じる素晴らしい絵ですハートたち(複数ハート) 早く店の借金を返して、いつの日か中谷さんの絵を飾るぞ手(グー)
posted by Ryu at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月13日

choux fraise 2

DSC05559.jpg いちご

昨日の続きで、シューのクリームについてお話します手(パー) 写真は僕の同級生 明和町喜多君が一生懸命作っている”もぎたて完熟苺”ですハートたち(複数ハート) 普通は出荷するときは少し白めの若い苺を出荷し店頭に並ぶ時に赤くなる流通システムのようで、出荷に出遅れた真っ赤に熟した苺exclamation×2 当然枝で熟した物と出荷過程で熟した物では違いが出ますよね揺れるハート これを更にコンフィチュールにし甘味を凝縮させますexclamation×2 そこからクリームを作りパコジェットで滑らかぁ〜なクリームを仕上げていますグッド(上向き矢印) サクッとした生地に苺の凝縮したクリームで食感も組み合わせも間違いなしハートたち(複数ハート) 焼きたての生地と作りたてのクリームをナイフ&フォークで食べればレストランでしか食べれない素晴らしいデザートに生まれ変わりますハートたち(複数ハート) 本当に美味しいですよぴかぴか(新しい)
posted by Ryu at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月12日

choux fraise

DSC05403.jpg 苺のシュークリーム

今マイブームのシュークリームですハートたち(複数ハート) 最近デザートは基本に忠実に!を心がけておりまして、当たり前のシューを当たり前に作り、より美味しくを念頭に頑張っています手(グー) 当たり前の基本に忠実に=これが本当に難しいダッシュ(走り出すさま) フランスのランブロワジーでチーズの入ったフランス料理を代表するぐらい有名なシュー生地、グージェールを口にした時の感動=食べ慣れた面白みの無い当たり前の見た目 普通の料理でも ずば抜けた完成度&旨さは、どんな要領をかました料理よりも美味しいexclamation×2 ここ2〜3日でやっと美味しいシューにたどり着きまして焼きたての生地の美味しさを味わってもらえ、サクッと中はしっとりハートたち(複数ハート)、何度も作らされた料理人の方は知っているはずexclamation×2、焼きたてのサクッとした生地の美味しさをグッド(上向き矢印) これをまたまた超クラシックにスワンで仕上げましたハートたち(複数ハート) あまりに古臭くて逆に斬新なスワン クラシック=モダンひらめき お気に入りですぴかぴか(新しい) 明日は中のクリームについて語ります手(パー)
posted by Ryu at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記